恋愛

2010年2月19日 (金)

「ピルクル」が好きすぎて困る


押忍!

今月のテーマは「好きなモノを紹介する」。僕は「ピルクル」が好きだ。あの、乳酸菌飲料の。好きすぎて1日1本ペースで飲んでいる。口に含んだ瞬間に広がる得も言われぬ甘さと酸味。ああ、なぜお前はこんなに美味いのか。味のヒミツを知りたい。そして、まだこの魅力に気づいていない人々に広く啓蒙したい。


Photo

コンビニに陳列された500mlパック

 

------------------------------------------------------------------

「ピルクル」の総本山を訪れる


降り立ったのは都営新宿線の馬喰横山駅。


Photo_2
「ばくろよこやま」と読みます


ふだんは用事のない街だが、今日は違う。駅からほど近いビルの一室に、目指す日清ヨーク株式会社のオフィスはあった。


Photo_3
「ピルクル」の製造販売元である


マーケティング部課長の大木篤史さんが、いろいろと教えてくれるという。

 

Photo_4
よろしくお願いします


大木さんは、学生時代にコンビニでアルバイトをしていて、そのとき「ピルクル」の美味しさにハマったという。休憩室でしょっちゅう飲んでいたドリンクの製造メーカーに就職するとは、当時はもちろん考えていない。

いい話だ。写真のポーズがかぶったのも共通する「ピルクル愛」のせいだろうか


販売当初の売れ行きは芳しくなかった


「ピルクル」の販売開始は1993年。もともとは、「ごくごく飲める乳酸菌飲料を作りたい」というのが開発のきっかけだった。


Photo_6
歴代のパッケージデザイン(左から右へ)


ところで、当時の乳酸菌飲料では「飲むヨーグルト」系が主力商品。社内的には「こんな変わった飲み物が本当に売れるのか」という声もあったそうだ。実際、販売直後の売れ行きは芳しくなかった。


Photo_5
こちらが現行の商品ラインナップ


しかし、商品の魅力はじわじわと消費者に浸透していく。そして、17年後の現在では、1日に10万本、年間で4000万本を売り上げる、会社の看板商品になった


関連商品やグッズも登場


ちなみに、「しょこたん」こと中川翔子やAKB48の渡辺麻友らも熱狂的な「ピルクルファン」として知られている。

「ファンの方から『ライブ用の応援うちわを作りたいからパッケージのデザインデータを送ってほしい』という電話をいただいたことも。丁重にお断りしましたが(笑)」

そして、「こんなのもあるんですよ」と言って大木さんが見せてくれたのが、下のお宝グッズたち。


Photo_8
2008年に限定販売されたグミとキャンディー


Photo_9
携帯クリーナー


ちなみに、大木さんが着ているジャンパーは「ピルクル」のロゴ入り。「撮影用に貸してください」と言ってみたが、やんわりと断られました。


Photo_7
普段着としても着たい一品



いよいよ、「味のヒミツ」に迫ります


さて、本題である。乳酸の働きについては、日清ヨークのHPにこのような図解が載っていた。

Photo_11
NY1300株(カゼイ菌)が活躍する


しかし、僕が知りたいのは「『ピルクル』は、なぜ美味いのか」ということだ。大木さんは、こう言った。

「原料の段階で加熱処理をすることで、焼き色、香り、コク、深い味わいを出していますローストする時間も微調整が必要な繊細な作業です」

これを「メイラード反応」というそうだ。

「あとは、自社で専門の職人が乳酸菌を育てているというのも珍しいと思います。発酵時間は約100時間。通常よりかなり長いんですが、こうすることでたんぱく質の粒子が細かくなって、美味しいのど越しにつながるんです」


Photo_12
今年10月竣工予定の新工場


おお。まさか、専門の菌職人がいたとは。

ちなみに、「ピルクル」は埼玉県の羽生工場のみで生産されているが、現在、兵庫県西脇市に新工場を建設中。これまで、西日本はコンビニ限定販売だったが、完成後はスーパーなど販売チャネルも増えるそうだ。


編集部の皆さんに「ピルクル」を勧める


「ピルクル」の歴史と味のヒミツは大体わかった。次のミッションは「啓蒙と布教」である。勇んでニフティのDPZ編集部を訪れた。


Photo_13

遠巻きに見つめる編集部員たち


集まってくれたのは林さん、安藤さん、石川さん、橋田さん。ちなみに、彼らがいちばん好きな飲み物を聞いてみた。

「やっぱりコーラがいちばん好き」(林)
「沖縄の『げんまいドリンク』をホットでC」(安藤)
「C1000レモン。これだけは大切に飲みます」(石川)
「炭酸飲料。昔あった『シャッセ』とか」(橋田)


橋田さんは会社でもしょっちゅう炭酸飲料を飲んでいるらしく、ふたを開けるときの「プシュッ」という音が定期的に編集部内に響き渡るそうだ。

という余談を挟みつつ、じゃあ、ちょっと飲んでみましょうか。


Photo_14
こんなふうにゴクゴクと


ちなみに、「ピルクルジャンパー」がどうしてもほしかったので、自作した。


Photo_15
「これが『ピルクル』か」

 

Photo_16
「あっ、もうそのぐらいで」


4人の感想をまとめると、こうなった。

「おいしい。『とろとろ桃のフルーニュ』に味が似てますね」(林)
「うん、おいしいです。『ピルクル』ってどういう意味なんですか?」(安藤)
「遠足に凍らせて持っていた『ローリーエース』を思い出しました」(石川)
「私『ピルクル』も好きなんですが、お腹がゆるくなるからたくさんは飲めない」(橋田)

「商品名はイギリスから新大陸アメリカに渡った清教徒たち、『ピルグリム・ファーザーズ』」「僕はぜんぜん平気なんですが、一度に大量の飲むとそうなる場合もあるようです」などと軽やかに解説を加える。


Photo_18
「強調する部分が『青』」という林さんの発見


「トクホ」の人が気持ちよく反っている


石川さんにさらに味の感想を尋ねると、「トクホのマークの人が気持ちよさそうに体を反ってますね」と、とんちんかんな回答を。


Photo_10
たしかに気持ちよく反ってるけど、


Photo_17
そうじゃなくて味を!


Photo_20
類似商品にもご注意を


かくして、ささやかな啓蒙活動は終わった。反応も上々である。これを機に、何かの拍子に手にとってもらえるとうれしい。


Photo_21
満足したので帰りまーす


------------------------------------------------------------------

[まとめ]


というわけで、「ピルクル」の魅力を全力で紹介してみた。いずれにせよ、自分が心から好きなモノを人に勧めるのは楽しい。なお、日清ヨークさんから大サイズの商品画像(下)ももらったので、乳酸菌にまみれたいという方は保存してデスクトップピクチャにしてみてはいかがでしょう。


500_2 

 




2009年9月18日 (金)

「麺産業展」で麺にまみれたい


押忍!

今月のテーマは「ささやかな夢をかなえる」。ところで先日、新聞で「麺産業展」なるものが9月16日(〜18日)に開催されると知った。僕は去年の夏に「つけ麺部」という活動を行うほど麺類が好きだ。産業もわりと好きだ。ならば、行くしかないだろう。麺にまみれるという、ささやかな夢をかなえるために。いざ、ヌードルの彼岸へ。


Photo
麺関係の資料は「麺類フォルダ」に保管しています


------------------------------------------------------------------

予想以上の賑わい

お昼頃、会場の東京ビッグサイトに到着。胸は高鳴り、腹は鳴る。事務局によれば、出店は117社、3日間で約8500人の来場を見込んでいるという。


Photo_2
事務局からプレスパスをもらった


ちなみに、これまでそばやうどんを扱う協会とラーメンなどの中華を扱う協会は、それぞれ個別にイベントを開催してきた。しかし、「麺類みな兄弟、いっしょにやりましょうよ」と言ったか言わぬかわからないが、とにかく今年は記念すべき初の共同開催なのである。


Photo_3
中華系は左、そば・うどん系は右


会場内は予想以上の混雑ぶりだった。2カ月前にまったく同じ場所で行われた「国際ブックフェア」はこんなに混んでなかったな。


Photo_4
デパ地下並みの混雑


ダイナミックな看板に目を奪われる

このイベントは、簡単にいえば業界向けの展示会。材料や関連機器を売る専門業者が、店のオーナーに商品をPRする場である。各所で商談らしきものも散見される。


Photo_7
業務用ラーメンスープ


Photo_8
だしの基本、かつおぶし


Photo_6
自動ゆで上げマシン(142万円〜)


Photo_5
ざるのことならタクミへ


しかし、関係のない僕などが見ていてもまったく飽きない。なかでも、今回いちばん感動したのは新潟のメーカー、明電光が出品していた「動く“麺”看板」。


Photo_12
クリックで動画が見られます


ディズニーランドのアトラクションを思わせる、大胆かつファニーな動き。部屋のインテリアにどうかしら。


いよいよまみれます


会場内にはご覧のように食堂コーナーもあるが、やはり気になるのは各社がしのぎをけずる試食ブースだ。


Photo_10
こちらも人気ですが


そば、うどん、中華麺。試行錯誤を重ねて作られたあらゆる麺の新作が、様々な調理法で供される。これがまた、どれも美味い…。


Photo_11
「真麺許皆伝」という日清の新作麺を使った梅和えうどん


Photo_13
麺まみれになった瞬間


その他、そばを使用した酒類も味わえる。キラリと光ったのはサッポロのブース。北海道富良野産の「キタワセソバ」で作られたそば焼酎を炭酸水で割ったハイボールが本当に美味かった。ちなみに、試食試飲はすべて無料。

申し訳ないので、再度言います。本当に美味かった。


Photo_14
完全に立ち飲み屋の風情


ちなみに、食堂や各ブースで酒を飲んでいる人がやたら多い。完全に酔っぱらっているおじさんもいる。麺と酒、やはり相性がいいようだ。


その他のプチ情報


麺を使ったレシピコンテストも行われていた。エントリー作品のひとつに「オマール海老の中華炒めと揚げそば」という「そりゃ、美味いだろうけど…」というものがあって驚く。麺の世界は寛容なのだろう。


Photo_15
そばを揚げているのがポイント


Photo_9
福引きの景品はメンマ


また、そば協会が推す「そばの日は」10月8日。中華協会が推す中華の日は「毎月15日」だった。こういうところにも、中華のぐいぐい行くかんじが表われているのではないか。


Photo_16
年に1回


Photo_17
月に1回


「ラーメン音頭」との遭遇


さらに会場内をぶらぶら歩いていると、ラーメン店的なコスプレをした女性がいた。聞けば、彼女は歌手の藤洋子さんという方。10月15日に出す新曲「ラーメン音頭」をPRしているそうだ。

歌詞を見せてもらったら、「世界 人類 麺類 ソレ…」というサビがリフレインする非常にヌードル度が高い歌だった。


2
手に持っているのは「ラーメン音頭」の歌詞


藤さんいわく「わたし、ラーメンが大好きで毎日食べてるんですよ。いちばん好きなのはタンタンメン。でも、最近は健康に気を遣って野菜ラーメンにしています」。CDは1200円。全国中華料理生活衛生同業組合連合会推奨です。


Photo_20
サインもいただきました


最後に「そば打ち名人大会」を見学。皆さん、そば屋ではない。いわゆるノンプロの頂上決戦である。

 

Photo_18
制限時間40分で打ち終えなければならない


そば粉をふるいにかけるところから始まり、水まわし(粉と水を合わせる)、こね、のし、そして切る。そば打ちをちゃんと見たのは初めてだったが、素人には肉体的にキツそうだ。その証拠に全員スニーカーを履いている。エクササイズに近い。


Photo_19
麺、麺、麺、麺


なぜかビートルズのイージーリスニング調メドレーが流れる中、緊迫した雰囲気で試合は進む。優勝したのは、なんと女性だった。おめでとうございます。


------------------------------------------------------------------

[まとめ]

麺まみれになり、ささやかな夢はかなった。どの麺も美味かった。しかし、何よりもふだん何気なく食べている麺料理は、店の店主が膨大な種類の麺、道具、機器などの中から厳選し、組み合わせた素材と調理法で出されているんだということがよくわかった。今回はブース数も盛り上がりもそば・うどん派が優勢だったので、来年は中華派にもがんばってほしい。


Photo_21
チラシもこんなに集まりました



2007年11月17日 (土)

公園で遊んでみた


押忍!

最近、遊んでいない。娯楽といえば酒を飲んで記憶をとばすぐらいだ。それは娯楽とはいえないか。たまに、ゲームセンターで麻雀ゲームもするが、小学生の頃の「遊んでる!」感とはほど遠い。

日が暮れるまで校庭を駆けずり回ったあの頃。お金がなくても心の底から楽しめた。そう考えるといてもたってもいられなくなり、取るもの(道場着)も取りあえず、近所の公園に向かった。

所持金は230円。小学生だからこんなもんだろう。


Kozeni_2

友達が待っている(気がする)


すべり台の下では小学生たちがカードゲームに興じている。一人で遊ぶのもつまらないので、何とかして彼らと仲良くなりたい。かっこよく滑り降りて注目を集めることにした。


Suberidai2

意外と怖い


何人かはちらっと見たが、すぐにカードゲームの世界へ戻っていく。そんなに面白いのか。じつは階段の途中に座っていた少年に「これ、けっこう怖いね」と声を掛けてみたのだが、かるく無視されたのである。

一人で遊ぶことにした。


Keburuka

気分は探検隊


Sakasama

いっしょに遊んでいるつもり


Sunaba

ピラミッドを作った


Hashiru

とりあえず走る


はっきり言って楽しい。時間が経つのが早いことに気づいた。遊び始めてからもう30分ぐらいか。もうひとつ気づいたのは、小さい子供を遊ばせているお母さんたちの視線が刺さるということ。明らかに警戒されている。

飛行機のラジコンで遊んでいるお兄さん(実際は確実に年下)がいたので、じっと見る。「やってみる?」と言われるかと思ったが、そういうことはなかった。


Rajikon

230円では買えない


そろそろ1時間が経つ。いいかげん遊び疲れて喉が渇いた。ジュースでも買おうかと思ったが、そうすると110円になってしまう。無駄遣いはしたくない。


Mizu

水うめえ


そろそろ帰ろうかな。もとの場所に戻ると、おじいちゃんが丸太ロープで遊んでいた。


Ojiichan

よっ、ほっ


一瞬「仲良くなれるかな?」と思ったが、彼は何となく一人で遊びたそうだった。ポケットの小銭を握りしめながら家に帰った。


[まとめ]

ふだん街を歩いていても子供の姿はめったに見かけないのだが、いるところにはいる。友達はできなかったけど、子供の頃の経済感覚を思い出した。今は「お通し500円」とかあり得ない、という気分です。

Takibikinshi

たき火はしません