学問・資格

2010年1月22日 (金)

「オトナの」を付けてエロくなるものを探せ


押忍!

今月のテーマは「オトナ」。皆さんご存じのように、「おもちゃ」は子供が楽しく遊ぶアイテムだ。しかし、「オトナのおもちゃ」だとまったく別の意味になる。その他の例示はあえて控えるが、要するに「オトナの」を付けると、いろんなものがエロくなるんじゃないか。そう考えるといても立ってもいられなくなった。さっそく街に出て検証してみます。



100122aisatsu
年に1、2回しか着ないスーツ。オトナなので

------------------------------------------------------------------

予想以上に守備範囲が広い


少し歩くとスーパーに着いた。試しに、店頭のバナナに「オトナの」プレートを付けてみる。


Photo
たちまちエロくなった


さらに歩くと駅前のロータリーに出た。無機質な「タクシーのりば」に付けてみるとどうなるだろうか。


Photo_2
秘密クラブの送迎車的な…


電柱には「通学路」の文字が。「健全」の代名詞的存在だ。さすがにこれはエロくならないだろう。


Photo_3
なった


イリーガルな趣味を持つ人が闊歩する道。そんなイメージが浮かぶ。そして、公園も「オトナの」を冠することによって、途端に子供が立ち入ってはいけない剣呑な雰囲気に豹変した。


Photo_4
子供は遊んじゃダメ


1枚1枚紹介していくとキリがないので、以下まとめてどうぞ。


Photo_6
どれも甲乙つけがたい

 

すごい。開始早々で「オトナの」のポテンシャルと守備範囲の広さを知らされることになった。


エロくならないものもあります

しかし、中にはどうがんばってもエロくならないものもある。


Photo_10
意味がよくわからない=非エロ


Photo_5
「垣根の垣根の曲がり角」的な…


Photo_14
劇団名?


Photo_13
理由を詮索しづらい


これらはこれらで味わいはあるものの、エロとは異なる世界観だ。「オトナの」にも死角はあった。よかった。


オトナのコーヒーを飲む


歩き疲れたので、「オトナの」探しはこれにて終了。いつものカフェに入ると、オトナの先客がいた。


Photo_8
わかりづらいがネクタイをしているのでオトナ認定


オトナの挨拶を交わし、メニューの中から「オトナのコーヒー」を注文。僕はいつもブラックで飲むので、ある意味これは正しい。


Photo_7
400円のほうで


ちなみに、こんなこともあろうかと思い、小さなプレートも用意している。数分後、コーヒーが来た。


Photo_9
うん、オトナの味である



オトナのゲームに興じる


疲れが取れ、オトナ度も増したところで、オトナのゲームがしたくなった。そう、麻雀だ。勘定を済ませると、すぐ近くにあるゲームセンターへ。

 

Photo_11
オンライン対戦ができる麻雀格闘倶楽部


じつは、僕は麻雀がそこそこ上手い。このときも、東風戦を3回戦って1位、1位、2位という好成績だった。


Photo_12
「オトナの満貫」を上がった瞬間



------------------------------------------------------------------

[まとめ]


結論から言えば、「オトナの」を付けたときにもっともエロくなったのは「タクシーのりば」だった。運転手は仮面着用で車内灯はピンク。そんなタクシーが列をなして停まっている風景が一瞬見えた気がしたからだ。しかし、今回見つけたのはごく一部で、さらに強烈な変身を遂げるものもあるはず。気が向いたら探してみてください。よろしくお願いします。


Photo_15
ワシからもお願いします



2007年12月15日 (土)

日本唯一の「気象神社」に参拝した


押忍!

わが街「高円寺」。古着屋、ライブハウス、阿波踊り。観光スポットはいろいろあるけれど、今回ご紹介するのは日本で唯一“気象”の神様を祀る神社。地元住民でもあまり知らないはず。


0712151_2
駅ビル化して趣も変わった現在の高円寺駅


話は3日前にさかのぼる。ふらりと入った「ブラウン1号」。4人も入れば満席になる“人んち感”200%のカフェだ。


0712152_2


そこにケンちゃんがいた。「あ、ケンちゃん…」「あ、石原さん…」。高円寺をウロウロしていて知り合いにばったり会うことは珍しくないが、彼とはなぜか3日に1回ぐらいのあり得ないペースで顔を合わせる。たぶん、尾行されている。



0712153_2
左がケンちゃん


雑談の中で、ふと彼が言った。「南口の氷川神社って日本で唯一の気象神社らしいっすよ」。デザイン事務所で働いていて、『SHOW-OFF』という高円寺タウン情報誌のスタッフでもある彼は、どうでもいいことをよく知っているのだ。そして、笑い声が甲高い。

おお、面白そうだね。さっそくその場で神社に電話をかけたところ、取材OKの返事。というわけでケンちゃん、撮影を頼むよ。明日だけど。「まあ…いいですよ」。じつは、前回の公園記事も彼に撮影を頼んだのである。平日の昼間に体が空くオトナはなかなかいないので。

そして、当日。気象の神様を取材する日なのに、天候は雨模様。


0712154_2
こちらになりまーす


応対してくれたのは氷川神社・宮司の山本雅道さん(72歳)。気象神社はここの敷地内にある末社なのだ。



0712156_2
デイリー…ポータルですか


「もともとはね、昭和19年に当時は軍事機密だった天気予報が必ず当たるようにと、陸軍が北口の馬橋公園付近に作ったもの。それが戦後すぐ、ウチに移されたんですよ」

人気グッズは500円のお守り。「晴れて喜ぶ人ばかりじゃない。たとえば、傘屋さんは雨が降ったほうがいいでしょ」。晴れ、雨、曇りが混ざった絵柄はこうした配慮からであった。



0712157_2

曇りや雨あっての晴れ


何気なく「個人的にはどんな天候が好きですか?」と聞いてみたところ、「快晴よりはちょっと曇ってるほうがいいね。いろんな空模様があってこその天気。人生と同じですよ」。思わず山本さんを拝みそうになった。

一通り説明を聞いたのちに、お目当ての気象神社を案内してもらう。面白いのは絵馬が下駄の形をしていること。ネタ元はもちろん、下駄を飛ばして「明日天気になーれ」というアレ。

「願い事は表に建前、裏に本音を書けるようになってるんだよ」。山本さんは自慢気に言うが、実際にめくってみると裏にも書いている人はほとんどいなかった。


0712155_2

こちらになりまーす


ここにおわしますのは「八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)」。晴、雨、曇、風、雷、霧、雪、霜という8つの気象現象の制御を一手に引き受けている。毎日気が抜けない。

祈願内容で多いのは、やはりハレの日の晴天を願うもの。続いて、気象予報士試験の合格祈願。「雨男(雨女)が治りますように」というのもあるそうだ。なるほど。

「あと、数年前の春に家電メーカーの人たちが来て『今年が猛暑になりますように』という祈願をしていったねえ」。理由は新製品のエアコンを大々的に売りたいから。本当に猛暑になったので、後日お礼を言いに来たとのこと。



0712158_2


せっかくなので、僕もコネタ道場を代表して絵馬(こちらも500円)を奉じた。といっても、とくに差し迫った要望はないので祈願内容は山本さんの説に則って「晴れたり曇ったりしますように」。裏は本音か…。これも悩んだ末に先日の句会に提出した俳句を。字を間違えた。


0712159_3



[まとめ]
いかがでしたか。日々の生活に直結する高円寺の観光スポット。あんまり面白かったので参拝するのを忘れた。そんなウッカリさんや「遠くて行けないよ」という人は、下記の「気象神社Web」でも参拝気分を味わえます。おみくじ、さっき引いたら大吉でした。


07121510_2
高円寺・氷川神社
東京都杉並区高円寺南4-44-19
気象神社Web(http://www.kisyoujinjya.jp/)