ゲーム

2010年3月19日 (金)

おいしそうな写真

押忍!

今月のテーマは「おいしそうな写真」。しかし、おいしいものをおいしそうに撮るのは、当たり前でつまらない。たとえば、一見おいしそうではないものをお皿に載せると、おいしそうに見えるのではないか。そんな思いつきを検証してみた。


Photo

このお皿の上が今回の舞台となる

------------------------------------------------------------------

おいしい食べ物はあまたあれど


ふだんから、おいしいものを食べたときは写真を撮るようにしている。人に見せてうらやましがらせたいからだ。


Photo_2

阿佐ヶ谷「コケコッコー」の炙りしめサバ


Photo_3

新宿御苑「桃の木」のつけ麺


いずれもびっくりするぐらいおいしかった。だから、おいしそうに撮れていると思う。しかし、今回自分に課したミッションは、「おいしそうではないもの」、もっと言えば「食べ物ではないもの」をおいしそうに撮ることである。


公園のテーブルをセッティング


撮影場所に選んだのは近所の公園。おいしそうな写真を撮るにあたって、自然光は重要な要素だ。


Photo_4

平日ゆえ人は少ない


空いていたテーブルにランチョンマットを敷き、おもむろに昼餉のセッティングをする。


Photo_5
準備は整った


さて。このお皿の上に、きまぐれシェフがいろんなものを盛りつけていきます。


何かが足りない


前菜はこちら。先日実家に帰省した際、妹の娘(5歳)に「男の子がピンクを持つのはおかしい」と糾弾されたマイ携帯電話だ。ウケ狙いで選んだものの、若干後悔している。


Photo_6

フルーティーな色合いが食卓に映える


おいしそうに見えないこともないが、どうもボリュームが足りない気がする。次に、家の固定電話を載せてみた。


Photo_23
よく考えたらこれ、もう15年以上使ってる


コードが大胆にはみ出してしまった。ならば、ちょうど収まるサイズといえばこれか。


Photo_7
ヘッドライト


Photo_15
そして、ピストル


うーん、ひとことで言えばどちらも硬そうだ。もう少し丸みを帯びた形状のほうがいいのかもしれない。


Photo_8

けん玉


あ、これはちょっとおいしそうかも。新タケノコにプチトマトを添えた風情がある。



Photo_18

グローブとボール


ヤシガニの腹中にゆで卵を挟み込んだイメージ。


Photo_19
スナフキン


食卓の必需品、ナプキンと掛けた。「お菓子の城」的なたたずまい。


テーマを持たせてみる


様々な発見はあったものの、まだ心の底から「おいしそう」とは思えない。実際の料理と同様に、複数の素材を組み合わせたうえで、かつテーマを設けよう。

『ツァラトストラかく語りき』『カラマーゾフの兄弟』『パンセ』の文庫本を盛りつけてみる。


Photo_21
「春眠いざないランチ」


遠目から見れば生焼けのトーストだ。次は、賽銭箱の前に賽
銭。「じゅう(10円)ぶんにご縁(5円)がありますように」との願いが込められている。


Photo_22
「大願成就定食」


ポストと葉書。


Photo_10
「ラブレタープレート」


通帳、印鑑、キャッシュカード。カードを生でポケットに入れて持ち歩いているので、表面に深い亀裂が入ってしまった。そして、その亀裂をセロファンテープで補修しているため、道に落としても絶対に盗まれない自信がある。


Photo_13
「自分へのごほうびコンボ」


ノート、ペン、ICレコーダー。取材時の3種の神器だ。


Photo_14
「インタビュー・ド・スペシャリテ」


「おいしそう」というよりは、「やたら赤が多いなあ」という印象が先に立ってしまった。こうなったら、質より量。“山盛り感”で勝負したい。


Photo_20

ハトも心配そうに見守る


「おいしそう!」出ました


とりあえず、家にあったリモコン類を盛ってみる。


Photo_12

テレビ、ビデオデッキ、エアコンなど


大盛りだけが自慢の天丼屋みたいになった。


Photo_11
なぜか溜まっていくライター


まったくおいしそうではない。


Photo_16
ビー玉とおはじき


あ! これおいしそう! ぶどうやグミにも似た形状。
山盛り感はないものの、色合いに涼味もあり、上品で気の利いたフレンチのようだ。


------------------------------------------------------------------

[まとめ]


というわけで、「
ビー玉とおはじき」をお皿に盛ればおいしそうに見える。これを今回の結論としたい。どの料理も、このあとスタッフがおいしくいただきました。皆さんからの投稿もお待ちしております。ふつうに「おいしそうな写真」でいいですよ。


Photo_17
食べづらそうではあるが