« 2010年5月 | トップページ

2010年7月

2010年7月23日 (金)

日焼けサロンでマグロを焼くとどうなるか



押忍!

今月のお題DE道場テーマは「あえて暑いところに行く」です。

ところで、街中でときどき見かけるものの、一度も入ったことがない店がある。日焼けサロンもそのひとつだ。ちょうどいいではないか。これを機に、人生初の日サロ体験をしてみたい。


Before

若干緊張しつつ

 

------------------------------------------------------------------

苦労の末、取材OKの店を発見


そこで、ふと思った。どうせなら、体以外もいろいろと焼いてみたい。

そんな取材内容を提示すると、どこも軒並み断られたが、ついに「いいですよ」と行ってくれる店を発見。


Photo
快晴のJR代々木駅


絶好調に暑い日に向かったのは、代々木駅から徒歩1分の日焼けサロン「EXION代々木店」。


Photo_2
雑居ビルの3Fにあります


Photo_3
すわ先客かと思いきや素通り

 

店内の作りはカラオケボックスに似ている


出迎えてくれたのは、店長の川崎美紗さん。かわいい。右も左もわからない日サロ初心者なので、どうぞよろしくお願いします。


Photo_5

左が川崎さん


こちらは2008年オープン。店内に3つの部屋があり、それぞれワット数の異なる3台のマシンが置かれている。



Photo_4
カラオケボックスの作りに似ている


以下、川崎さんの話。

「ふつうのお客様は、だいたい1回で20分から30分。肌質にもよりますが、ちゃんと下地を作ってから徐々に強いマシンに移行しないときれいに焼けないんですよ」


M6
「JAPAN-M6」1万2000W


「客層は20代後半から60代まで幅広いですね。もうこれ以上黒くならないだろうという方がさらに1段階黒くして帰られるケースもあれば、ものすごく肌が白いのでふつう並みにしたいといっていらっしゃる方もいます」


Photo_6
「ワイルドキャット」1万6000W


「あっ、そういえばトライアスロンをやっている方が、腕のエントリーナンバーの跡を消したいといって来店されたこともありましたね」

なるほど、日サロを利用する目的も様々なのだ。


「シャーク」1万5000W登場


川崎さんのアドバイスのもと、「シャーク」という1万5000Wのマシンを使うことにする。



Photo_7
言われてみればサメの口にも似た本体


Photo_8
かっこいいイラスト


部屋は10畳ぐらいのスペース。思ったより広い。


Photo_9
シャワー完備


Photo_10
ダクトからは冷風が吹き出る


Photo_11
有線440チャンネル聞き放題



マグロ、食パン、ノートもいっしょに焼く


ところで、先に書いた「体以外に焼いてみたいもの」というのはこれだ。


Photo_12
マグロ


おいしそうな炙りマグロにならないだろうか。


Photo_13
食パン


こんがりとトーストされないだろうか。


Photo_14
ノート


色褪せて「思い出のノート」風にならないだろうか。

そして、腕には手製の「たき火シール」。タトゥー気分で刻印となるか。もう一人の店員さんに「わー、かわいー」とほめられたのでうれしい。


Photo_15
焼け付く「ファイアー」なイメージで


いよいよ焼くときが来た。いざ、20分2800円のコースへ。



Before_2

行ってきます(若干緊張しつつ)



全裸になってジェルを塗り


準備は整った。まずは着衣のまま、イメージトレーニング。

僕は閉所恐怖症気味なので、密室になるのはいやだなあと思っていたところ、ふたを閉めても10cm程度のすきまがあるという。よかった。



Photo_18
アイテムはこの位置に


ライトは下からも当たるので、途中でうつぶせになるなどの体勢変更は不要とのこと。

Photo_16
全裸になり


Photo_17
全身にジェル(別売200円)を塗って


強化ガラスのようなボードに横たわり、ふたを閉める。と同時に、360度ぐるりのライトがパカーンと発光、足下のファンからは強風が吹き出る。


Photo_19
繰り返しますが全裸です


ライトの熱は強烈だが、真夏の日差しを浴びているぐらいの暑さ。一方で湿度がないため、カプセル内は思ったより過ごしやすい。

サイケな光、ファンからの送風、未来っぽく数字を刻むタイマー。こんなパレードのような状態で全裸にて横たわっている。なかなか得難い体験ではないだろうか。



Photo_20
15分経過


時間が経つにつれ、じわじわと発汗。残り5分。ああ、そろそろつらいなあというところで、ちょうとお時間となりました。


劇的ビフォーアフター?


さて、結果は下。

写真ではわかりづらいが、少し焼けているのだ。この数日前に炎天下で鬼ごっこをするという取材があり、そのときにずいぶん焼けた肌の色素が定着したかんじ。


Photo_21
髪も若干乱れている


そして、アイテムたちの「アフター」はこちら。


Photo_22
表面が変色し、パサッとなった


Photo_23
トースターで1分ぐらい焼いた頃合い


Photo_24
こちらは変化なし


やはり20分では劇的な変化は見られなかったが、あと何度かやれば体もアイテムたちも新しく生まれ変われる、という手ごたえを感じた。


------------------------------------------------------------------

まとめ


ちなみに、店内で
「空いた時間にちょっと来ました」的なスーツ姿の若者とすれ違った。まだまだ、知らない世界はたくさんある。そんなことを思った、日サロ初体験でした。カプセルから出たときの人造人間的な気分もおもしろいので、興味のある方はどうぞ。


Photo_25
たき火マークは心眼で見てください


■取材協力:EXION代々木店
東京都渋谷区代々木1-32-1 白倉1ビル3F
TEL: 03-3379-8867

 



« 2010年5月 | トップページ